トップ

AGAの進行を防止する

AGAのメカニズムとは

AGAのメカニズムを考える

30代から40代の男性の方や、早い方であれば20代後半の方にとって、AGAの進行は恐れるもののひとつではないでしょうか。AGAは気づかない間に進行してしまっていることも多く、セルフケアによる対応も難しいことから、AGAを治療で改善したいという方も多いのが実情です。

AGAとは男性型脱毛症のことであり、成人男性に良く見られる頭髪が薄くなる現象を総合的に言い表した単語となっています。早い方であれば、思春期以降に頭頂部や生え際が薄くなってきてしまい、20代後半から30代にかけての方の場合にはその進行がよりドラスティックに進んでいくこともあります。

AGAで最も行ってはいけないのが、頭髪が薄くなる状態を放置しておくことです。AGAは放置しているとどんどん進行し、気づいた時にはもう手

遅れになってしまっているということも多くなっています。AGAの兆候が見え始めた段階で対策を行っておくことは、AGAの進行を食い止めるだけではなく失われた頭髪を取り戻すことにも繋がるために、AGA治療はなるべく早めに手を打ち始めた方が良いとされています。

AGAの主な原因については、男性ホルモンの増加とヘアサイクルの乱れが挙げられます。男性ホルモンは年齢を重ねるごとに増加していき、頭髪を頭皮から奪っていってしまいます。ヘアサイクルの乱れに関しては、髪の毛が正常に生え変わる前に脱毛が起こってしまうことによって、新たに頭髪が生えてこなくなってしまうことを指します。